近距離フライトの場合には

国内旅行など、飛行機に乗っている時間が短い場合には、飛行機から見える景色を楽しんだり、旅先でどんなことをしたいか考えたりして過ごすとよいです。国内の場合は搭乗時間はそんなに長くはありませんので、飛行機のなかで何かを楽しむよりは、飛行機に乗ること自体を楽しむ方がおすすめです。家族や友人、恋人などと同乗する場合には、旅先のプランなどについて話したりするのも楽しいです。離陸や着陸の瞬間をじっくりと味わったり、空からの景色を眺めたりするのも、大切な旅の思い出にぬります。乗り物酔いの心配がない場合には、旅先のガイドブックを読んだりして、わくわくと空の旅を楽しむのもよいです。あっという間に到着の時間になります。

長距離フライトの場合には

海外旅行など、長い時間のフライトの場合には、飛行機のなかでゆったりとリラックスしながら時間を過ごすのがよいです。長い時間には、10時間以上フライトしなければならないこともあります。本を読んだりするだけでは、どうしても退屈してしまいます。飛行機に備え付けのテレビがありますので、映画を見たり、ゲームをしたりして過ごすと、楽しいフライト時間が過ごせます。また、寝て過ごす場合に備えて、アイマスクや空気を入れて使用するタイプの枕など、リラックスグッズを持っていくとよいです。携帯タイプのスリッパもあると大変便利です。トラベル用品の専門店などでも取り扱っていますので、用意しておくと快適な空の旅が楽しめます。